So-net無料ブログ作成
検索選択

小保方晴子 退職の後は?


2014年12月19日、小保方晴子さんが、
12月21日付けで理化学研究所を退職すると発表されました。

小保方晴子さんといえば、
2014年の1月にSTAP細胞の研究を発表して話題になりましたね。

STAP細胞っていうのは、要するに、
人為的に、いろいろな細胞にできる細胞
というものらしいです。

結局これは再現できずに、
今回の退職に繋がりました。

本当にあったらすごく便利なだけに、
再現されなかったのは残念ですね。

今回は、小保方晴子さんが
理化学研究所を退職された後のことについて調べてみました。

おぼかた.png








スポンサードリンク













◆◆小保方晴子 退職の後は?◆◆

小保方晴子さんの退職後について
わかっていることはあまり多くありませんでした。

退職後、理研の職員ではなくなっても懲戒手続きは再開するとのこと。
懲戒の内容については不明ですが、
「〇〇処分相当」という形をとるそうです。

また、退職ということですが、
任期制なので、そもそも退職金はない
とのこと。

理研を退職した後は、当然研究を続けることは
難しいでしょうし、退職金がないということで、
経済的にも苦しい状況が続くのではないでしょうか?

また、精神的にもかなり大きい負担がかかっていそうです。
大変そうですね。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました!







スポンサードリンク












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。