So-net無料ブログ作成
検索選択

目の使いすぎに注意! 疲れ目の解消法 [健康]

目を使う作業をずっとしていると、「疲れ目」になりますよね。
大抵は一晩眠ると治りますが、疲れ目が続くと「眼精疲労」となり、長期間目が疲れた状態になったり、肩こりや吐き気など、体へ悪影響を与えたりします
今回は眼精疲労を回避するためにも、疲れ目を解消する方法について調べてみました。

疲れ目.png


◆◆疲れ目の症状と原因◆◆

疲れ目と一言で言っても、いくつかの症状があります。

(1)眼の奥が痛い
(2)まぶしく感じる
(3)目がしみる
(4)眉間やこめかみが痛い

これらの症状は、目の周辺筋肉が疲れることで引き起こされます
目は外眼筋という複数の筋肉で支えられています。
長時間眼球が動かない状態が続くと、その外眼筋が疲労してしまうんですね。
また、目においてレンズの働きをする水晶体の厚さを変える筋肉も、近くをずっと見ていると負担がかかり疲労してしまいます。


◆◆疲れ目解消法◆◆

(1)十分な睡眠を取る
眠っているときは、眼球がまぶたの上の方を向いて、目の筋肉をリラックスさせることができます。
また、眼球が上を向いていると、黒目が上を向くことになり、光を感じなくなります。
光を感じない状態というのも、明暗調節をする虹彩筋などが休まるため、目をリラックスさせる上で重要な事です。

(2)まばたきをする
ずっと目を使う作業をしていると、まばたきは忘れてしまいがちですよね。

まばたきは一瞬目を閉じることで、光が入ってこない状態になります。
また、まばたきをすると目が少し上下運動します。これにより外眼筋がちょっと運動できるんですね。
更に、目の表面に涙の層ができ、目の乾きを解消します。

(3)目の周辺の血行を促進する
目の周辺の血行が良くなると、血液が筋肉の疲労物質を解消し、筋肉が柔らかくなります。

血行を良くするためには、蒸しタオルなどで目の周辺を温めてあげましょう。
私も蒸しタオルをよく使いますが、とても気持ちいいのでオススメです

また、ガムなどを咀嚼することも、目の周辺の血流をよくするとのこと。意外ですよね。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。