So-net無料ブログ作成
検索選択

寒暖差アレルギーとは? 原因と対策! [健康]

寒暖差アレルギーってご存知でしょうか?
寒い外から温かい室内へ入る冬や、その逆の夏、また気温が変わりやすい季節の変わり目に起こりやすいアレルギーです。
特に覚えがないのに、アレルギー性鼻炎のような症状が出ていたら要注意です。
今回は寒暖差アレルギーの症状と原因、そしてその対策について調べてみました。

寒暖差.png


◆◆寒暖差アレルギーの症状◆◆

(1)鼻水、鼻づまり、くしゃみ
花粉症に似たような症状が出るそうです。
花粉症や鼻炎でもないのにこの症状が出ていたら、寒暖差アレルギーかもしれません。
また、風邪の場合だと、鼻水に色がついていることが多いんですが、寒暖差アレルギーによる鼻水は、色がついていない、透明な鼻水だそうです。

(2)食欲不振、疲れやすい、眠れない、イライラする
鼻だけでなく、全身に、また精神的な症状も出てきます。


◆◆寒暖差アレルギーの原因◆◆

寒暖差アレルギーの原因は、身体を気温に適応させている、自律神経が寒暖差によって乱れることにあります。
自律神経が対応できる温度差は約7度までだそうで、それ以上の温度差があると、身体が上手く適応できないんですね。

自律神経の乱れが原因といえば、先日調べた「冷え性」も自律神経の乱れによって引き起こされます。
こちらもぜひチェックして、対策してください!

冷え性.png

手足が冷えっぱなし!? 冷え性対策はこちら!

◆◆寒暖差アレルギー対策◆◆

(1)寒暖差を感じたら、衣服を着たり脱いだりして体温調節をする
極端な温度変化を感じてしまうと、自律神経が乱れるため、衣服などで体温調節できるようにしましょう。

(2)防寒具を使用して、肌に冷たい外気が当たらないようにする
手袋マフラー靴下、マスクなどで、できるだけ冷たい風に当たらないようにするといいでしょう。

(3)規則正しい生活をする!
冷え性の記事でも書きましたが、規則正しい生活をすることによって自律神経を整えることができます。
やっぱり不規則な生活はよくないんですね。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。