So-net無料ブログ作成

【実録!】喉の痛み対策!!! [雑学]

実は最近、夏風邪をひきまして、3週間位ずっと喉が痛かったんです。
(更新があまりなかったのもそのためです……)

私は基本的に不精者で、喉の痛みを無視してカラオケなんか行ってたんですが、
流石に喉がひどくなったので色々調べてみました。

そのおかげで、今はすっかり喉も良くなりました。

そこで今回は、私が調べた喉の痛み対策をお届けします。


◆◆そもそも喉を痛めないために◆◆

私みたいに、喉が痛くなってから対策するのは、正直言って遅いと思います(笑)
普段から私達は、どういったことに気をつければいいのでしょう?


◇◇うがいをしっかり◇◇

まずは小学生でも知っている知識から。
でも、案外サボっちゃいませんか?

のどの痛む原因は主に乾燥です。
冬場はもちろん、夏場もしっかりうがいをしましょう。

うがいには水でもいいですが、ぬるま湯やお茶もオススメです。
特にお茶は殺菌効果を期待できます。

但し、お茶は沢山飲まないほうがいいです。
お茶には利尿作用があるものが多いので、
一時的に水分補給になっても、そのあと喉の潤いがなくなってしまうのです。



◇◇湿度を40%以上に◇◇

喉が乾燥すると、のどの細かい毛が抜け落ちて、細菌やウイルスが繁殖しやすくなります。

洗濯物を部屋に干すなどして、湿度が40%以下にならないよう注意しましょう。



◇◇マスクをする◇◇

私、マスクってださいと思ってたんですよ。
しかしこの夏、生まれて初めてマスクをして寝ましたが、効果てきめん!
起きた時ののどの潤いが段違いでした。

もちろん、普段から外出時につけるといいと思います。



◇◇刺激物を避ける◇◇

私は普段風邪をひいたら、必ずカレーを食べてました。
スパイスって、なんだか体に良さそうじゃないですか。

でも、辛いもの、熱いもの、その他刺激物は、喉の炎症を広げてしまうようです。
冷たくてのどごしの良い物(アイス等)がオススメです。
(もちろん、栄養バランスと食べ過ぎにはご注意を)




◆◆のどの痛みを取るために◆◆

どんなに気をつけても、風邪はひくときにはひくものです。
今まで私は喉が痛くなったら、のど飴ぐらいしか対抗策がありませんでした。

それ以外に、どういった対処法があるのでしょう?
(もちろん、一番いいのは病院に行くことですよ!)


◇◇ビタミン。ミネラルを取る◇◇

喉の潤いを保つには、喉の粘膜を正常にする必要があります。
そのための栄養素が、ビタミンとミネラルです。

ビタミンは粘膜を古いものから新しくするための材料になります。
ビタミンCやビタミンB2、B6は荒れた粘膜を回復させるのに効果があります。
中でもビタミンCには白血球とも密接なかかわりがあるので重要です。
ビタミンB6やパントテン酸、カルシウムや亜鉛も大切です。

普段からビタミンやミネラルを多く含む食品をとりましょう。

おすすめはやっぱり柑橘類ですね。


◇◇ネギを巻く◇◇

ネギを首に巻く……なんだか、おばあちゃんの知恵袋っぽいですね。
ぶっちゃけ私は馬鹿にしてましたが、意外と効果があるようです。


ネギには「ネギオール」と言う成分が含まれていて(これもギャグっぽい)
抗菌、殺菌、抗ウィルス作用があり、のどの炎症を抑えるのに効果があるようです。
また、ネギのにおい成分には血行を良くして、体を温める作用があるようです。


ネギの巻き方は、まずねぎの白い部分を10cm角で切り縦に包丁をいれて広げます。
しんなりするまで火で炙って、開いた面がのどに当たるようにしてガーゼかタオルで包んで、のどにまき付ます。




以上、私が夏風邪と引き換えに手に入れた知識でした!
あなたのお役に立てれば幸いです。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。